[ムラートコレクション]トルコのキリム展、イメージ画像

トルコの遊牧民の生活から生まれた「キリム」


 キリムとは「つづれ織り」の技法で織られたトルコの毛の織物です。
家畜とともに常に移動する遊牧民にとって、折りたたんで持ち運べるキリムは、今も昔もなくてはならない生活用具です。
 また、キリムは単に敷物としてだけではなく、寝具(ベットカバー)、テーブルクロス、インテリアとしても使われます。その特徴は、色や模様など織師一人一人の技法と発想の豊かさにあります。
流行に左右されることの多いパイル絨毯と違い、人々の豊かな感性や美意識、造形的な表現の伝統がそのまま受け継がれています。幾何学のモチーフはさまざまな意味を持ち、
独創的な色やデザインは、その芸術性の高さでも注目されています。
その魅力が、最近欧米でも見直され人気が出てきました。
 遊牧民の芸術、キリムはシルクロードを経て伝わった織物で、生活に彩りを添える装飾品でもありました。
トルコのキリムは日本の家屋に良く合う、馴染み深い懐かしい味わいです。

ムラートの日々の徒然
「トルコのキリム展」をしながら九州を周る毎日。展示会の情報も。